logo
  • twitter
  • facebook
  • instagram
logo
logo
  • twitter
  • facebook
  • instagram

Business Plan

事業計画

Basic policy

基本方針

一般財団法人渋谷区観光協会は、官民協働による観光事業の振興を通して、「国際観光都市・渋谷」の実現を目指す目的で設立されました。

平成29年度の事業を実施するにあたり、以下の基本方針に基づき、個別の事業計画を策定します。

① 増加する訪日外国人観光客に対して広域の渋谷区の魅力を伝え、滞在満足度の向上を図る。
② 渋谷区を訪れる国内外の観光客に対して、季節ごとの観光情報を提供する。
③ 渋谷区観光協会が掲げるブランドID「PLAY! DIVERSITY SHIBUYA」の国内外への認知拡大を図る。
④ 渋谷区の魅力を体験してもらうため、集客イベント・体験イベントを実施する。
⑤ 観光プロモーション事業やセミナーイベントを通じて、会員企業・団体との連携強化を図る。
⑥ 観光協会の基盤強化のため、新規会員の入会促進及び、新規事業を企画し施す。

Business plan

事業計画

1.情報提供事業

① インターネット事業

公式ウェブサイト、SNS、観光情報アプリを利用し、情報を発信する。

② イベントへの参加

渋谷区民フェスティバル(11月)等の地域イベントに参加し、観光マップの配布、
公式ホームページ、アプリ等の紹介を行う。

③ メディアの活用

新聞、雑誌、放送等の露出により、本協会の認知度を上げるとともに、本協会の事業情報を発信する。

2.観光案内事業

① 観光マップ作成

公式HPをリニューアルし、渋谷の観光情報の総合プラットフォームとしての機能を
強化する。
また、渋谷を中心に広域の観光資源へのアクセスをサポートするデジタルマップ・
アプリケーションを開発する。
※東京都観光財団地域振興助成金対象事業また平成26年に立ち上げた「あいりっすNavi」に
ついては、狭域観光サポートツールとしての活用方法を模索する。

② イベントカレンダー作成

平成28年度の「渋谷区ストリートMAP」に引き続き、ナイトマップなどテーマごとのマップを企画し作成・配布する。

③ 観光案内所の運営

以下3カ所での直営の観光案内所を運営する。

1)青ガエル観光案内所(駅前モニュメント内)
2)原宿観光案内所(MOSHIMOSHI BOX内)
3)渋谷区観光案内所(渋谷マークシティ内)

3.イベントプロデュース事業

① ハロウィンマナー啓発プロジェクト

平成28年度に新たに実施した「ハロウィン横丁」(ハロウィン時のフードイベント)、及び「オフハロウィン」(仮装しないハロウィンイベント)を引き続き企画し、実施する。

② 地域イベント統合プロモーション「SCRAMBLE」

10月〜11月の渋谷区内の様々なイベントを整理・統合し、この時期の区内の主要エリアを街頭フラッグなどを通じた統一ブランディング化を目指す。
また、広域で回遊を促進する企画等を区内の各エリアと連携して実現する。

4.イベント事業

① ハチ公ミニツアーの強化

1)ボランティアのツアーガイド・パートナーによる渋谷区の観光資源を活用したミニツアーを定期的に行う。
2)観光案内所を訪れた外国人観光客を対象にしたガイドツアー企画を実施する。
3)日本文化を体験(着物、茶道等)するツアーを賛助会員で共同試行する。

② 観光大使の任命

観光大使の活動を支援し、定期的な情報交換、情報提供を行う。渋谷区、及び
原宿神宮前商店会と連名で別途、原宿観光大使を任命する。

③ 後援、協力事業の実施

区内商店街、観光庁、東京観光財団等の実施するイベントに協力する。

④ シンポジウムの開催

賛助会員からのニーズの高いテーマを取り上げ、インバウンド事業への関心を高めると
ともに、新たなビジネスを生み出すためのシンポジウムを開催する。

5.インバウンド招致事業

① 海外で実施されるジャパンカルチャー、エンターテイメントの啓発イベントに積極的に参加し、渋谷区の観光事業の振興につなげる。

② 渋谷区内で実施されるイベントを活用し外国観光客に対し、インバウンド招致活動を
行う。

6.災害対策事業

平常時における外国人観光客への情報提供、災害時の避難誘導のための情報を整備し、区の災害対策事業に協力する。

7.会員事業

① 他言語翻訳ツールの紹介・提供

様々な文化背景、言語背景を持つ外国人や、障害を持った観光客に対し適切な応対をするための、コミュニケーションツールを賛助会員に紹介する。

② 会員交流会の開催

賛助会員に対し、協会事業の理解、支援を得るため、また会員相互の交流を深めるため、
年に2回、会員交流会を開催する。

③ 会員通信の発行

賛助会員に対し、観光協会の活動を周知するため、定期的に「会員通信」を発行する。

④ イベント協賛

賛助会員の実施するイベント事業を支援するため、協賛金を交付する。

⑤ 新規会員の獲得

観光協会の財政基盤強化のため、会員事業の充実を図りながら、新規会員の獲得に努める。

8.その他事業

① 施設管理事業

駅前モニュメント「青ガエル」及び「クリエーションスクエアしぶや」の管理運営業務を行う。

② 広告事業

駅前モニュメント等を広告媒体として活用し、広告収入を獲得する。

③ 通信ネットワーク事業

平成28年度に渋谷駅ハチ公前広場、原宿駅表参道口近くに設置した公衆Wi-Fi、及び
区内主要商店街に設置した公衆ビーコンの管理・運用を行う。